ロッテ藤原恭大外野手が7キロ増量を宣言した。やせやすく、現在開幕時から4キロ減の76キロ。特に10月の1軍昇格後に一気に落ち、体力不足を実感した。

秋季練習でキャッチボールを行うロッテ藤原

CS後に2試合出たフェニックス・リーグでも「体が疲れている状態で、どう結果を残すかを意識した」という。目標は人生最重量を1キロ上回る83キロに設定。ウエートとタンパク質中心の食事で「筋肉量を増やしたい。重くなっても足とスイングスピードは変えたくないので頑張る」と、武器であるスピードとパワーの両立を目指す。

(2020年11月23日、ニッカンスポーツ・コム掲載)