全国高校ラグビー大会で過去5回の優勝を誇る東海大大阪仰星(大阪・枚方市)が16日、約3カ月ぶりにチーム練習を再開した。

久しぶりに選手全員の顔を見た湯浅大智監督(38)は「やっと…。状況が状況なので手放しには喜べないが、前を向いて1日でも早く元通りになってほしい」と語った。

3カ月ぶりの練習を行った東海大大阪仰星(撮影・南谷竜則)

新型コロナウイルスの影響で2月の近畿大会を制したものの、全国選抜大会は中止に追い込まれた。全体練習もない中、選手にはメニューを課さずに自主性を重んじた。近藤翔耶(とわ)主将(3年)は「体作りで3キロ増量しました。10キロ増えた人もいます。みんな体重が増えた分動けてなかった」と大型化は成功したものの、課題もあった。

自粛期間中は湯浅監督の「料理は下ごしらえを丁寧にやるとおいしさが変わる。ラグビーも準備を丁寧にするとそれが試合に出る」との考えから、選手は料理に挑戦したという。10日に1回のペースで「鳥料理」など監督から出されたテーマに沿って調理をした。

選手たちに語りかける東海大大阪仰星の湯浅監督(撮影・南谷竜則)

スパイスを5~6種類使用し本格的なカレー作りに挑戦した近藤主将は「体作りでタンパク質など意識するようになりました。下準備の大切さも実感しました。全国大会が開催されることを前提に、日本一の課程を踏んで優勝を目指したいです」と最後の大会となる冬に向け照準を定めた。【南谷竜則】

(2020年6月16日、ニッカンスポーツ・コム掲載)