新型コロナウイルスの影響でステイホームが推奨され、店舗には休業要請が下りる中、双方のストレスを少しでも解消しようと、プロの料理人がアイデアレシピを披露するYouTubeチャンネル「人気シェフのうちレシピ」がスタートした。ジャンルの異なる人気レストランのシェフが「そうめん」「万能ダレ」といった1つのお題にそろって挑む大喜利スタイルで、多彩な一品を見ることができる。

左上から時計回りに「イ・ルンガ」堀江シェフ、「ラ・ブリアンツァ」奥野シェフ、「スブリム」加藤シェフ、「KOTARO Hasegawa Downtown Cuisine」長谷川シェフ

30人以上の料理人が参加を表明しており、これまでに「KOTARO Hasegawa Downtown Cuisine」長谷川幸太郎シェフ、「The Burn」米沢文雄シェフ、「Convivio」辻大輔シェフ、「イ・ルンガ」堀江純一郎シェフ、「L'EAU」清水崇充シェフらの動画がアップされている。動画は10分程度で、家庭でも簡単につくれるように工夫されている。

上から時計回りに「Convivio」辻シェフ、「L'EAU」清水シェフ、「The Burn」米沢シェフ

たとえば「まぜご飯」のテーマでは、フレンチの長谷川シェフが「しば漬け」などを用いた「サーモンのムニエルまぜご飯」に挑戦。最後のトッピングでは細かく砕いた「柿の種」を使うという斬新なアイデアも披露した。

左上から時計回りに「清水シェフのサラダ仕立てのまぜごはん」「奥野シェフの牡蠣ごはん」「加藤シェフのモアモアソースのそうめん」「奥野シェフのカルボナーラ」

ステイホームを余儀なくされて自炊が増えた家庭に人気シェフのレシピを見ることができる楽しさを。休業要請によって客足が途絶えたシェフには自分のレシピを振る舞える喜びを、と生まれたチャンネル。今後も毎週複数の動画がアップされていくという。

左上から時計回りに「堀江シェフの肉味噌のそうめん」「辻シェフのカルボナーラごはん」「米沢シェフのタイ風まぜごはん」「米沢シェフの3種のソース」