新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛が求められる今年のゴールデンウイーク(GW)に、自宅で何をして過ごすか頭を悩ませている人も多いはず。3月19日からロックダウンが続く米ロサンゼルス(LA)では、家族みんなで自宅でできる遊びや趣味を見つけて「おうち生活」を楽しんでいる。LAの人々の巣ごもりライフを参考に、GWを有意義に過ごそう。

バーチャル旅行

自宅にいながら旅行した気分が楽しめるバーチャル旅行は、アクティブな人に人気が高い。Googleが公開する国立公園のバーチャルツアーを体験できる360度動画「The Hidden World of the National Parks(国立公園の隠された世界)」を使えば、ハワイ火山国立公園やニューメキシコ州にある世界最大級の石灰岩鍾乳洞カールズバッドなどの絶景がリアルに楽しめる。他にもバーチャルダイブを体験できるサイトなどもあり、行った気分、やった気分になるバーチャル体験アプリやサイトはGWにぴったり!

世界の美術館や博物館でバーチャルツアー

海外旅行にも行けず、多くの美術館や博物館も閉鎖される中、「Google Arts and Culture」を使えば、無料で世界各国の美術館や博物館を訪れることができる。フランス・パリのオルセー美術館でゴッホやドガの絵画を鑑賞。大英博物館や欧州の古城、インドの寺院まで世界中の芸術を堪能でき、知的好奇心も満足させることができる。

自宅でヘアケア

イメチェンでカラフルな色に染める人もおり、ヘアカラー商品は品薄が続いている

女性にとって、長引く外出自粛で困ることの1つがヘアケア。美容院に行けないため、目立つ白髪や髪の生え際の色の差が気になりだした人たちは今、自宅でヘアカラーに挑戦している。気分を変えるために、ピンクやグリーンなどのカラフルな色に染める人も多く、カリスマ美容師による失敗しないヘアカラーのオンライン解説や、自宅で髪を切る人のためのヘアカットレッスンも大人気だ。

断捨離とDIY

片付けコンサルタントとして人気の「こんまり」こと近藤麻理恵さんのリアリティ番組は、昨年Netflixでシリーズ化されて大ブレーク。自宅に籠る時間が長い中、改めて番組を見ながら断捨離に励む人が多い。また、自宅をDIYでリモデルしたり、手作りキャンドルや石鹸、マスク作りにハマったりする人も。子どもたちの間では母の日に向けて、こっそりと手作りギフトを作ることもはやっている。

自宅でBBQ

BBQグッズの中では、家庭で楽しめる小型のグリルが売れ筋

4月後半になって、ようやく心地よい気候になってきたLA。普段ならキャンプや公園でBBQをする季節だが、今は自宅の庭やベランダで行っている。量販店やドラッグストアーではBBQグッズが良く売れているという。

ガーデニング

米人気俳優ライアン・レイノルズが「外出自粛中にガーデニングを学んでいる」と語っていたが、庭やベランダのプランターで野菜や果物の苗を植える人も増えている。休校で自宅に籠る子どもへの教育の一環として、ガーデニングを始めた人も多い。

タイダイ染に挑戦

このようにカラフルな染め物、タイダイにはまる人も

個性的なデザインで若者に人気のタイダイ染めに挑戦する人も多い。タイ(縛る)ダイ(染める)の言葉通り、布の一部を糸で縛るなどして染色して縛った部分を白く残す伝統的な染方法は、自宅でも簡単にできるとあって家族全員で楽しめる。Tシャツなら子どもも挑戦しやすく、家族でお揃いのTシャツ作りは良い思い出にもなりそうだ。

【ロサンゼルス=千歳香奈子通信員】