楽天ドラフト1位の小深田大翔内野手(24=大阪ガス)と同2位の黒川史陽内野手(18=智弁和歌山)がバレンタインデーの14日、甘~い目標を宣言した。

バレンタインチョコを手に笑顔の楽天黒川(左)と小深田(撮影・滝沢徹郎)

ともに13日の練習試合日本ハム戦で黒川は二塁、小深田は遊撃でプロデビューを果たした。この日は報道陣からプレゼントされたチョコレートを「あ~ん」と食べさせ合った。黒川は先輩小深田の「あ~ん」に「ショートからのトスと一緒でうまかったです」と華麗に返した。

バレンタインチョコを食べさせ合う楽天黒川(左)と小深田(撮影・滝沢徹郎)

高校時代から1度もバレンタインチョコレートをもらったことがないという小深田は「久しぶりにもらえてよかったです。活躍してチョコレートをいっぱいもらえるように頑張ります!」。18歳ながら血糖値を気にしているという黒川は「いつもはお母さんとおばあちゃんがくれるので、友だちに2個もらったとうそついてました。血糖値の上がらないチョコを希望します!」とファンへ要望? した。

(2020年2月14日、ニッカンスポーツ・コム掲載)