阪神のルーキー勢が2軍キャンプ初休日の6日、高知・安芸市内の安芸水産を訪問し、ちりめん加工場を見学した。

「安芸水産」でちりめん加工場見学を行い西純矢(前列左)が井上広大にしらす丼を食べさせてあげる(撮影・清水貴仁)

釜揚げちりめんと生しらすをミックスさせた絶品のどんぶりを実食。ドラフト1位の西純矢投手(18=創志学園)は「生しらすは初めて食べました。めっちゃおいしい。とろっとしていておいしいです」と笑顔。

前日5日にプロ入り初めてブルペン投球。7日から始まる第2クールを見据えて「ブルペンで捕手を座らせて投げていない。徐々に座らせて、変化球も投げて試したい」と気合を込めた。

同2位の井上広大外野手(18=履正社)は右足首捻挫の影響で第1クールは別メニューだったが「トレーナーとの相談になりますが、第2クールは全体練習に入るのも多くなると思う。自分が一番、声を出して引っ張っていくつもりでやりたい」と意気込んだ。

(2020年2月6日、ニッカンスポーツ・コム掲載)