楽天の新人10選手が、久米島キャンプ初のオフとなった5日、リフレッシュを兼ね観光PRを行った。久米島が日本一の生産量を誇る車エビ養殖場では、2人ずつ船に乗ってのカゴ揚げ作業に始まり、大きさの選別から箱詰めまでを行った。

休日に車エビの養殖場を訪れた楽天黒川(右)と水上は焼きたてのエビを手に笑顔

休日に車エビの養殖場を訪れた楽天新人選手は焼きたてのエビを手に記念撮影する。左から水上、津留崎、福森、小深田、小峯(撮影・滝沢徹郎)

終了後にはドラフト2位黒川史陽内野手(18=智弁和歌山)が「えー、今日はお忙しい中、エビのためにお集まりいただきありがとうございます。カンパーイ!」と音頭をとり、塩焼きにした採れたての車エビをほおばった。高卒新人でただ1人、1軍キャンプに帯同しており「最高においしかった。 久米島でしか味わえない食感。エビを食べて(体力が)回復したと思うので、第2クールでは先輩たちに負けないくらい元気を出していきたい」と食レポも非凡だった。

休日に訪れた車エビの養殖場で手に持ったエビが跳ねて驚く楽天黒川(中央)。左は沢野。右は武藤

大卒、社会人組の5人は続いて、泡盛で有名な「久米島の久米仙」本社工場を見学。優勝した際に開封することになっている「勝利のつぼ」に泡盛を注ぎ込み、全員のサインを記して優勝を誓い合った。【野上伸悟】

(2020年2月5日、ニッカンスポーツ・コム掲載)