日本ハム吉田輝星投手(18)が17日、オフの自主トレ期間にプロ野球選手としてのレベルアップとともに、身長アップという珍目標を掲げた。

約1年前は173センチだったが、9月時点で3センチアップの176センチとなったという。目標は180センチ。技術も体も成長期の今オフは、しっかり睡眠をとり、しっかり練習し、しっかり食べて、あと4センチのひと伸びを目指す。

視察に訪れていた日本ハム小笠原ヘッド兼打撃コーチ(右)にあいさつする吉田輝(撮影・木下大輔)

突然のカミングアウトだった。2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で秋季練習を打ち上げた直後。18日からの自主トレ期間を迎えるにあたり、意気込みを語っていた時だった。「まだ、身長が伸びているんですよ。夢の180センチにいきたいです」。2カ月前の9月に身長を計測したところ、176センチあったという。約1年で3センチのアップ。「自分でもびっくりしました」と、うれしそうに言った。

球団公式発表では175センチだが、入団前に測った時は173センチだったという。この1年間で着々と肉体的な成長とともに、サイズもアップしていた。メジャーへ羽ばたいた大谷も、入団時には成長期の人間に見られる骨端線がみつかっていた。ただ、1年目終了時には消えて、身長の伸びも止まったとされる。吉田輝の場合は、エックス線などで検査したわけではないが、身長は伸び続けているもようだ。

次のページ牛乳は苦手、急成長の要因はー