<プロ野球ドラフト会議>◇17日

慶大からは楽天3位で津留崎大成投手、中日4位で郡司裕也捕手、ソフトバンク5位で柳町達内野手、ロッテ育成2位で植田将太捕手(いずれも4年)が指名された。

4人の中で最初に名前が呼ばれた津留崎は高校時代にトミー・ジョン手術を経験しながらも、最速153キロを計測するまでに復活した右腕。大久保秀昭監督も「彼の趣味はウエートトレですが、趣味の領域を超えているくらい知識が豊富。そういう努力も実ったのかなと思います」と喜んだ。

プロでの活躍を誓い、座右の銘を記す慶大の、左から楽天3位・津留崎、中日4位・郡司、ソフトバンク5位の柳町(撮影・中島郁夫)

記念の色紙に「筋肉は裏切らない」と書き込んだ津留崎は「仙台でもプロテインを補給するために牛タンをたくさん食べたい」と笑顔を見せた。

ソフトバンク5位の柳町は野球ゲーム「パワプロ」でも同球団を使うなど、ファンだったという。それだけに「自分はゲームが好きなんですけど、よく使うチームでうれしいです。自分がゲームに登場するとしたら? ミートの力を上げていただければうれしいです」と話した。

左から津留崎、郡司、柳町を抱きかかえる慶大・大久保監督(撮影・中島郁夫)

慶大は今週末には明大との対戦を控える。中日4位の郡司は「広島1位の森下投手はプロに入ってからというより、大学で打ち負かしてからプロ入りしたいなと思います」と意気込んだ。【千葉修宏】

(2019年10月17日、ニッカンスポーツ・コム掲載)