<トレーニング:宮崎裕樹氏に聞く(2)>

「子供に運動させたい」けど、「どうすればいいの?」。そんな疑問を解決するために、元オリンピック委員会強化フィジカルコーチで多くのアスリートのトレーナーを務める宮崎裕樹氏(49)のもとを訪れた。4回連載の第2回は「固有感覚を鍛える」にスポットを当てる。

筋肉の動き関知し力を加減

宮崎氏は「さぁ、始めましょうか」と言うと、トレーニング器具が多数置かれた部屋に入った。「今回は子供たちでも簡単にできて、身近にあるものを使ってやります」と説明し、スタートした。

(1)あおむけの状態で両膝を立て、少し体を起こし、胸の前で本を持つ。車のハンドルを回すように、右に左に体をひねる。

腹筋の体勢で本を手で持つ(撮影・久保賢吾)

車のハンドルのように本を右に回す

車のハンドルのように本を左に回す

宮崎氏 肘を曲げずに、しっかりハンドルを回した延長で体をひねることを意識します。

手を胸の前に出した時、姿勢の保持に力が入りすぎると、体を側屈するのが難しくなるが、その力加減こそが「固有感覚」を刺激する運動となる。

(2)両手を地面につき、体を支える。膝をしっかり伸ばした状態で指先を外側に向ける。骨盤を動かしながら足を上げ、指先を内側に向けながら足を下ろす。

足を伸ばし、つま先を外に向ける(撮影・久保賢吾)

骨盤を動かしながら、足を外側に上げる

つま先を内側に向けながら、下に降ろす

宮崎氏 膝を曲げずに、足のつま先を外、内に動かす。つま先の動きに合わせ、骨盤を動かす。

足に力が入りすぎれば、つま先を内、外に向けることが難しくなる。(1)と同様に、うまく運動するには力加減が必要となる。

(1)、(2)の運動ともに右、左、10回ずつを目安にスタートする。特別なトレーニング器具は必要なく、場所を問わず、手軽に取り組める。

第1回でも触れたが、「固有感覚」とは筋肉の各部位にある感覚で、筋肉が今どれくらい力を出しているか、関節が今どのような状態かを脳に知らせるセンサーになる。運動においては筋肉にさまざまな状況に適応する力を発揮させ、関節の動きを調整する機能。いわゆる「体で覚える」ということに必要な感覚であり、力加減をするのにも必要となるが、具体的にはどういうことなのか。

次のページ固有感覚が働く具体的な動き