日本代表プロップの稲垣啓太(29=パナソニック)は、ワールドカップ(W杯)前最後の休息日を利用して「原点」とする故郷の新潟へ帰省した。母校新潟工高の恩師や旧友らと一時の時間を過ごし、W杯8強へ決意を示した。地元関係者に話を聞くと、数々の「規格外伝説」が残っていた。

新潟工高でのグラウンド開きで号泣する赤ちゃんを抱く稲垣啓太(撮影・峯岸佑樹)

稲垣は不動の背番号「1」を背負い、2度目のW杯へ臨む。186センチ、118キロ。プロップでは驚異の体脂肪10%を誇る。数手先の動きを読み、ボールに向かう。タックルしてはすぐに起き上がる。世界基準の運動量と肉体の基礎は、原点とする故郷にあった。地元ではそれらにまつわる「規格外伝説」が残っていた。

少年野球で活躍した稲垣啓太(前列中央)

<伝説1 巨漢とこわもての風貌> 3980グラムで誕生。幼稚園年長で40キロ超となり、ホッピングで遊ぶと遊技場の床が貫通した。100キロ超になった小5の健康診断では、回転式体重計の針が振り切って故障。1人だけ市内の健康センターで体重測定を行うことになった。中学では「今とほぼ変わらない体形」で野球に熱中した。「リアル版ドカベン」の異名を取り、強肩の大型捕手として甲子園常連校から誘いもあった。容姿が格闘漫画「グラップラー刃牙」の花山薫に似ていて、人に弱みを見せることを嫌い、どんな状況でも笑顔を見せない。テストマッチに勝利しても、左腕上腕二頭筋が断裂しても武骨な表情を貫く。海外チームから「ジャパニーズマフィア」とも呼ばれ、営業中の喫茶店で入店NGの経験もある。

4歳の時に友人と芋掘りする稲垣啓太(右)

<伝説2 豪快な食欲> 学生時代は、うどん専門店「丸亀製麺」でメニューにない釜揚げうどん2キロを注文。うどん用のおけが「タワー」となって提供された。中華店では最初に「ラーメンとラーメン」がお決まり。左手にどんぶりを持ち、おかず替わりに別のラーメンを口にする。大盛りを頼まないこだわりもある。「カレーは飲みもの」として並盛りカレーなら10秒で完食。砂肝20本以上や、すし50貫以上は軽く平らげる。肉体改造に励んでからは食事管理して1日7食の7000キロカロリーを摂取。普段は酒を控えているが、帰省すると友人らと飲酒する。日本酒は1升(約1・8リットル)、レモンサワーはメガジョッキ(1リットル)で15杯以上飲む。

<伝説3 ストイックな減量> 高校時代は成長期も重なり、体重は一時期120キロ台後半になった。高2夏の左膝靱帯(じんたい)損傷を機に、樋口猛監督(47)から「動けるプロップ」を志すために減量指令が下された。電車通学を自転車に変え、片道40分の距離を毎日往復。しかし、26インチのママチャリが悲鳴を上げてタイヤがすぐにパンク。車輪を支えるスポークも折れ、かついで帰宅した。我慢強く1週間続けたが、何度もパンクするため樋口氏に相談の上、断念した。食事制限は効果があった。独自で栄養学を猛勉強。高2秋の沖縄修学旅行ではビュッフェ形式の夕食で、ほぼサラダしか手をつけなかった。消灯後に空腹で眠れず、大量の水を飲んで胃を膨らませた。担任の高橋豊氏(39)は「部屋を抜け出して買い食いしてもおかしくないのに」と感心した。そのかいあって、半年で15キロ近くの減量に成功した。

新潟工高でのグラウンド開きで稲垣啓太に激励の言葉を述べる樋口猛監督(撮影・峯岸佑樹)

稲垣は8日に帰省して、自身が300万円を寄付した新潟工高の天然芝グラウンド開きに参加した。約600人の関係者から多くの激励を受けた。故郷で多くの伝説を刻んだ逸材は、W杯での恩返しを誓った。「新潟の未来のためにも8強にこだわりたい。日本代表、新潟県代表として世界の舞台で大暴れしてくる」。究極の「漢(おとこ)」を追求する“寡黙な仕事人”は、愛する新潟の声援を力に変えて6日後の夢舞台へ出陣する。【峯岸佑樹】

(2019年9月14日、ニッカンスポーツ・コム掲載)