大相撲の横綱鶴竜(33=井筒)が26日、母国モンゴルから成田空港に再来日した。

母国モンゴルのおみやげなどをカートに載せ、笑顔で再来日した鶴竜

6度目の優勝を飾った名古屋場所千秋楽翌日の22日に帰省し、4泊5日の帰国中は「肉ばかり食べていた。もう十分。あっさりしたものが食べたい。そうめんとか」と、好物とはいえ羊肉ざんまいの日々に苦笑い。それでも、両親や夫人、2人の子どもから祝福され「気分的にはリフレッシュできた」。27日には、夏巡業最初の開催地の岐阜市に入る。

(2019年7月26日、ニッカンスポーツ・コム掲載)