<高校野球北北海道大会:旭川大高3-2帯広北>◇15日◇準々決勝◇旭川スタルヒン

昨夏優勝の旭川大高は帯広北に3-2で競り勝ち、4強一番乗りした。

旭川大高が、背番号10杉山大晟投手の「ダイエッ投」で2年連続の聖地までM2とした。身長180センチ、体重82キロの右腕は、球速130キロ前後の直球とスライダーで相手打線を抑えた。120球で4安打4奪三振2失点。公式戦初完投に「出番があるからには投げ抜こうと思った。貢献できて良かった」と喜んだ。

旭川大高対帯広北 4安打2四球2失点で完投勝利を挙げた旭川大高先発の杉山(撮影・浅水友輝)

入学当時の体重は約100キロ。強豪校の厳しい練習に必死に食らいつき、約20キロ減量した。ユニホームの大きさは「2XO」から「O」になり、制服のズボンのウエストも約15センチ詰めた。母真紀子さんは「初めてサイズを落とした服を買いましたよ」。体のキレは格段にアップ。中学時代はボールに体重を乗せた力に頼りがちな投球だったが、「制球力に専念」とマウンドでの考え方も変わった。

旭川大高対帯広北 駆け足でベンチに戻る旭川大高の杉山(撮影・西塚祐司)

感情を出さずに淡々と投げるのも特徴。ガッツポーズはなく「これが自然なんです」。この日も2回に先制を許すが、切り替えて冷静にプレー。8回の逆転まで辛抱した。「次に登板した時も味方を信じて投げたい」。13日の初戦(対釧路湖陵)で完封したエース能登嵩都(3年)は中学時代からのチームメート。絆が強い2枚看板で北大会を突破する。【西塚祐司】

(2019年7月15日、ニッカンスポーツ・コム掲載)