<高校野球新潟大会:中越4-1関根学園>◇11日◇2回戦◇長岡市悠久山野球場

昨夏の覇者・中越は昨秋4強の関根学園に4-1の勝利。渡辺泰成一塁手(3年)が1回に先制の右前適時打を放つなど、3打席連続の右前打を打って暴れた。

関根学園対中越 フラミンゴ打法の中越・渡辺一塁手

フラミンゴ打法で、中越・渡辺一塁手が安打を積み重ねた。初回から3打席連続の右前打を放った。初回にたたき出したのは、貴重な先制点だった。2死一、二塁の場面で、外角のスライダーを素直に右方向に運んだ。5回1死の3本目となる右前打は二塁を狙ってアウトになったが、チーム安打9本の1/3を1人でたたき出した。「外角の球を流すのは持ち味です」。この日は4打数3安打1打点だった。

関根学園対中越 1回2死一、二塁で先制の右前適時打を打つ中越・渡辺一塁手

昨夏の覇者が初戦で対戦したのは、昨秋4強の関根学園。「過去に経験したことのない緊張感」と本田仁哉監督(42)が明かした初戦の重圧を、渡辺のバットが吹き飛ばした。「最初の安打が先制につながって気持ちが楽になった」と渡辺自身も乗った。

新発田市・本丸中時代に出場した全国中学大会ではエース投手だった。「勝負強さを感じた。大事な試合ほど、力を出せる選手だった」と指揮官が1年の冬に野手転向を打診。「野手として成績を残したい」と積極的に転向を受け入れた。中学時代の体重62キロは75キロに増量。6月2日に行った習志野(千葉)との練習試合で本塁打を放ったパワーヒッターだ。「内角の球は長打にする。それも持ち味」と渡辺は次のゲームで長打を狙う。【涌井幹雄】

(2019年7月12日、ニッカンスポーツ・コム掲載)