<高校野球埼玉大会:志木5-4浦和商>◇10日◇1回戦◇県営大宮球場

最後の最後にドラマが待っていた。埼玉県大会開幕戦で志木がサヨナラ勝ちした。

3-4の9回、先頭の尾崎将吾捕手(3年)が左越え二塁打で出塁すると、続く5番大森凪人(なぎと)外野手(2年)、6番鈴村英史内野手(3年)の連打で同点に追いついた。なお無死二、三塁で、高野慈通人(じつと)外野手(3年)の投ゴロを浦和商の丸山慶太投手(2年)が三塁へ悪送球。走者の大森が逆転のホームを踏んだ。

浦和商対志木先発登板する志木・尾崎軍(撮影・佐田亮輔)

相手に行きかけた流れを引き渡さなかった。8回に1番から始まる好打順も3人で抑えられると、尾崎将は「落ちるな落ちるな」と声を張り上げチームを盛り上げた。

9回、3つ目のアウトを自らのミットに収め雄たけびをあげると、その裏の攻撃で「何が何でも塁に出る意識でした。自分が塁に出た時点で逆転できると思いました」。同点ホームを踏み逆転の流れを作った。 先発した尾崎軍司投手(2年)は弟。母の加代子さんは「2人で支え合って生きて欲しい」と思いを込めて最初の文字が将軍となるように名付けた。同時期に野球を始め、中学からはバッテリーを組み、思いに応える形となった。試合後、母は「いい仕事しましたね。本当に良かった。夕飯はステーキかな。好きなもの食べさせます」と褒めた。

頼れる兄の活躍でチームは開幕戦に勝利した。将軍バッテリーの夏はまだまだ続く。

(2019年7月10日、ニッカンスポーツ・コム掲載)