ブロッコリーは栄養価の高い野菜として知られていますが、約3割の人が「保存がきかない」「調理がめんどくさい」などの理由から、あまり摂取できていないことが、イマジン・グローバル・ケアの調査でわかりました。

調査対象となった全国の50~70代の男女1055人のうち、健康のために何らかの対策をしている人は約7割。健康のために「食事管理」をしている人は、「運動の習慣化」に次いで2番目に多く、特に「野菜を積極的に摂る」ことを重要視していることがわかりました。

イマジン・グローバル・ケア調べ

イマジン・グローバル・ケア調べ

ブロッコリーはビタミンやミネラルが豊富で、特に生ブロッコリーにはビタミンCがレモンよりも多く含まれています。

ブロッコリーが健康に良い食材であることを知っている人は約8割にのぼりましたが、頻繁に摂取しているという人は7割弱。3割以上の人があまり摂取できておらず、その理由は「保存がきかない」「調理がめんどくさい」「ボリュームがあってあまり食べられない」などでした。

イマジン・グローバル・ケア調べ

イマジン・グローバル・ケア調べ