大相撲の新大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が、最高傑作の「力士弁当」をプロデュースする!?

巡業の取組を終え、サインを求めるファンに応じる貴景勝

10日、東京・八王子市で行われた巡業に参加し、夏場所(5月12日初日、東京・両国国技館)から新発売する「貴景勝弁当」の中身について、構想を明かした。力士弁当は04年5月に販売開始。以降の横綱、大関は全員、好物などをおかずに選び、しこ名を冠した弁当をプロデュース。東京での本場所中に1150円で売り出されるが「味付けたまごは絶対。牛肉も入れたい」と、楽しそうに思い描いていた。

巡業の取組で栃ノ心(左)を押し込む貴景勝

販売元の国技館サービスからは3~5種類のおかずを指定されているが「ブロッコリーのガーリック炒めもいいし、エノキバターもいい。煮物とか和食ならお年寄りも喜ぶ。うーん…」と、候補が多すぎてまとまらない様子だ。栄養の知識も豊富で、食にこだわるだけに熱も入る。ただ国技館サービスの担当者は「本当は今月中に試作品を作りたいのですが…」と、商品化への期限を気にしていた。

(2019年4月10日、ニッカンスポーツ・コム掲載)