<選手の食卓・千葉ジェッツ(4):原修太>

現在、Bリーグ東地区1位の千葉ジェッツふなばしの選手の食生活を聞くシリーズ、最終第4回はガード/フォワードの原修太(25)。時間があれば自炊するリーグ屈指の筋肉の持ち主が、料理のポイントを教えてくれました。【聞き手・青木美帆】

(C)CHIBA JETS FUNABASHI/PHOTO:JunjiHara

-現在の食事スタイルは

 入団1年目、多田我樹丸トレーナーに「もっと食事を考えたほうがいい」と言われたのをきっかけに、自炊を取り入れるようになりました。ただ、今は試合数が多いので、外食に頼りがちなのが正直なところです。

-料理の腕は

 学生時代から野菜を炒める、肉を焼くといったことはしていました。今はレシピサイトを参考にしながら作っていますが、酒とみりんを使っているときは「俺、成長したな」と感じますね(笑)。と言うものの、包丁は得意じゃないのであまり使いたくないです…。

(C)CHIBA JETS FUNABASHI/PHOTO:JunjiHara

-自炊をする際のポイントは

 肉が好きなんですが、なるべく魚を食べようと意識しています。質のいい油(DHA)が含まれるんだそうです。スポンサーが送ってくれる有機野菜は、届いたら食べやすい形にカットして冷蔵か冷凍。そうしておくと、朝は眠くて包丁を握るのが怖いので、すぐ使えて便利です。卵焼きを作るときは専用の卵焼き器を使います!

-外食で気を付けていることは

 焼き肉が大好きなんですが、カルビなど脂っこいものは、胃に負担がかかるのでとらないようにしています。もともと好きだということもありますが、タンやハラミ、せせりなど脂の少ないものを食べることが多いですね。普段は定食で、品数の多い食事をとるように心がけていまます。

-部活生にメッセ―ジを

 まずは、保護者が作る3食のご飯ををしっかり食べることが大切です。僕は体格がいいので「プロテインを飲んだほうがいいですか?」と質問されることも多いのですが、「あくまで3食をしっかりとってから栄養補助食品を取り入れてください」と伝えています。

次のページ原選手の定番メニュー「野菜たっぷりみそ汁&卵焼き」の作り方