ボクシングWBO世界ミニマム級2位谷口将隆(25=ワタナベ)が玄米減量で世界初挑戦を実らせる。26日の東京・後楽園ホールでの同級王者サルダール(フィリピン)戦を控え、22日に都内のジムで練習を公開。「絶好調。4回見た王者になった夢を正夢にする」と言い切った。

公開練習を行った谷口将隆(撮影・中島郁夫)

好調の裏には今回初めての減量法があった。たまたま食べた弁当の玄米がおいしく、1週間前から1パックをタレなしの納豆で1日2回食べている。「調べたら体にもよく、減量のしんどさもない」と説明。実は渡辺会長も「便通によくビタミン豊富」と、現役時に取り入れていた推奨法だった。

公開練習を行った谷口(撮影・中島郁夫)

昨夏からのフィジカルトレーニングで下半身も太くなり安定感も増し、課題だったスタミナもついた。「最高の状態。あとは弱らせて仕留めたい」とKO奪取宣言も飛び出した。

(2019年2月22日、ニッカンスポーツ・コム掲載)