14日のバレンタインデーを間近に控え、今年はどんなチョコレートを作ろうかと悩んでいる皆さんへ。アスリートにぴったりのおすすめレシピを紹介します。

生おからのアスリートケーキ

小麦粉の代わりにおからを使っているため、貧血防止、ケガ予防、筋力強化、便通改善などが期待できます。砂糖を使わず、バナナの甘みを生かします。

「生おからのアスリートケーキ」

ココナッツオイルで作るローチョコレート

「ロー」とは生のこと。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を多く含み、運動前に食べると活発に動くエネルギー源となります。ナッツやドライフルーツ、シナモンなど、好みで加えてオリジナルなチョコレートを作りましょう。常温(24℃)で溶けるので、持ち運びは保冷バッグで。

「ココナッツオイルで作る生チョコレート」

米粉のココアシフォン

ママ特派員は、ココア味のシフォンケーキを紹介してくれました。米粉を使っているため、おにぎり代わりの補食にも。

「米粉のココアシフォン」

てんさい糖を使ったひよこ豆ソフトクッキー

血糖値を緩やかに上昇させるてんさい糖を使っています。ひよこ豆には加熱しても壊れにくいビタミンB1が含まれ、タンパク質の補給にもなります。バレンタイン用には、ココアパウダーやチョコチップを加えたり、チョコレートやアイシングでデコレーションしても。

「てんさい糖を使ったひよこ豆ソフトクッキー」