<阪神4-9巨人>◇9日◇甲子園

若き主砲が、チームを2年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出へ導いた。巨人岡本和真内野手(22)が、シーズン最終戦となる阪神戦で2打席連続弾を放ち、100打点に到達した。同点の7回に32号決勝ソロ、8回にはダメ押しの33号2ラン。プロ野球史上最年少となる22歳シーズンでの「3割30本100打点」を達成するとともに、松井秀喜らを抜き、100打点到達の最年少記録も樹立した。13日から始まるヤクルトとのCSファーストステージでも、チームをけん引する。

巨人岡本

最終戦で2発「3割30本100打点」

史上最強の22歳だ。同点の7回無死。岡本が阪神桑原の136キロスライダーを捉えた。CS進出を決める、左中間最深部への32号勝ち越しソロ。8回1死二塁では、2打席連発の33号2ランで100打点の大台に乗せた。98打点で迎えたシーズン最終打席で「3割30本100打点」を達成。「チャンスだったのでランナーをかえそうと。(100打点の意識は)多少ありました」と屈託なく笑った。

阪神対巨人 8回表巨人1死二塁、左越えに33号2点本塁打を放った岡本は、ナインとハイタッチ(撮影・たえ見朱実)

「打てる体重がベスト」で104キロ

自分に素直に戦い抜いた。全143試合を戦い終えたが、体重は開幕から8キロ増の104キロ。多くの若手はシーズンが進むにつれて体重を落とすが「欲望に正直になること。打てる体重がベスト体重だと思う」と、岡本の胃袋は例外だった。存在と比例するように体も成長曲線をたどった。

シンプルに物事を捉える。智弁学園3年の夏。甲子園初戦で散った。スパイク袋に黒土をかき集める仲間を横目にグラウンドにしゃがみ込むことなく聖地から立ち去った。「なんで土を集めるのか。スパイクを入れられなくなるやん」。すべての物には役割がある。適した使い方、役割が好循環、好結果への最短距離だと考えた。だから、与えられた役割を全うした。6月2日に第89代4番に座った。4番として本塁打を打ち、試合を決める一打を放つ。レギュラー1年目で打率3割9厘、33本塁打、100打点の成績を残した。

ポストシーズンという未知なる舞台が待ち受ける。「CSは、少ないチャンスがさらに少なくなる。何とか食らいついていきたい」。4番が打てば勝つ。22歳の主砲は飾ることなく「リアル岡本」で勝負を挑む。下克上を果たすための答えは単純明快だ。【島根純】

(2018年10月10日付日刊スポーツ紙面掲載)