鎌ケ谷でも清宮フィーバーが巻き起こっている! 日本ハムのドラフト1位、早実・清宮幸太郎内野手(3年)の「応援メニュー」が、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷市内の飲食店で続々と誕生している。

プロ野球ドラフト会議で日本ハムに1位指名されガッツポーズする早実・清宮幸太郎=2017年10月26日

 まずは日本ハム選手も通う中華料理店「東新軒」(東中沢1の14の36)では「清宮くんチャーハン」(830円)を10月30日から発売する。同店名物のチャーハンに、甘辛く焼いた豚肉を乗せたボリュームたっぷりの一品。店主の新川雅久さん(47)は「スタミナがつき、カロリーたっぷりです。ぜひ清宮くんに頼んで欲しい」と猛アピールした。

中華料理・東新軒の「清宮チャーハン」

 東武野田線鎌ケ谷駅から徒歩1分のパスタ店「Coca(コカ)」(道野辺本町1の2の30)では、「清宮選手交渉権獲得記念!! シャウエッセンのミートソース」(869円)をすでにメニューに加えた。店主の斎藤慶巳さん(56)は「(清宮が)くるんじゃないかと予想していた」と、ドラフト翌日の27日から販売をスタートさせた。日本ハムの代表商品シャウエッセンを使用し、「打撃のジャストミート」にかけて濃厚なミートソースのパスタに仕上げた。価格は、王貞治氏が持つ世界記録868本塁打を超えてほしいと願い869円に設定。生ビール(ドラフト)付きは、高校通算111本塁打から1110円と歓迎ムードに満ちている。

生パスタ手作りピザCoca(コカ)のマスター斎藤慶巳さんが考案した清宮シャウエッセンのミートソース

 大谷の入団時には身長193センチにちなみ、パスタ約1.93倍の「大谷盛り」を破格のプラス11円で提供。「斎藤選手以上に盛り上がるんじゃないかな」(同店主)と、早くも大きな期待を寄せている。【田中彩友美】

(2017年10月30日付日刊スポーツ紙面掲載)