5月30日は「アーモンドミルクの日」(アーモンドミルク研究会制定)です。スーパーフードとして米国でも人気のアーモンドをベースにしたアーモンドミルクは、日本でも注目されはじめています。

注目度が高まっているアーモンドミルク(提供=アーモンドミルク研究会)

 アーモンドミルクは、水に浸したアーモンドをミキサーなどで細かく砕き、こして絞った植物性飲料で、牛乳で割った飲み物ではありません。このアーモンドミルクにはどのような栄養、効能があるのか、アスリートにとっての上手な摂取方法について、アーモンド研究の第一人者である慶應義塾大学医学部の井上浩義教授が説明してくれました。

-アーモンドミルクの栄養、効能は

 井上教授 アーモンドにはビタミンE、良質な脂肪(オレイン酸)、食物繊維、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれています。中でもビタミンEの含有量は、全食品中でもトップクラスです。ビタミンEは強力な「抗酸化作用」を持ち、酸化ストレスから体を守ってくれます。また、この抗酸化の結果、血管の老化防止が図られ、血行促進作用なども見出されます。これらの作用と脂溶性という性質のためにビタミンEは細胞そのものを保護するとともに、全身の細胞に栄養と酸素を運ぶのを助けてくれます。

アーモンドミルクの素材はアーモンドと水(提供=アーモンドミルク研究会)

-アーモンドミルクの効果的な摂取方法は

 井上教授 アーモンドの豊富な栄養素を効果的に吸収するためにはアーモンドミルクのように「液状」にした方が吸収率が良いというデータもあります。牛乳の代わりに、ドリンクやスイーツはもちろん、パスタのソースやホワイトソースに使用することもできます。摂取タイミングとしては、朝をおすすめしています。酸化ストレスの高まる昼間に備えて摂取すると効果的です。

水に浸したアーモンドをミキサーなどで細かく砕く(提供=アーモンドミルク研究会)

-スポーツ選手が摂取する場合、どういったタイミングが効果的か

 井上教授 脂質が多く入っているアーモンドですが、アーモンドミルクは意外にエネルギー(カロリー)が小さいのです。従って、胃腸への負担も小さく、スポーツの前だけでなく、スポーツ中でもおすすめです。カロリーを増やしたいのであれば、同じく胃腸への負担が少ないハチミツなどを入れるとカロリーも摂れ、美味しくもなります。

細かく砕いたアーモンドミルクをこして絞る(提供=アーモンドミルク研究会)

-これからの季節、どのように摂るのがいいのか

 井上教授 特に夏場は水分と一緒にミネラルやビタミンが摂れる飲料として、熱中症対策になります。ただし、アーモンドミルクにはカリウムはありますが、ナトリウムは入っていません。夏場のスポーツ時には、少量の塩を加えても良いと思います。スポーツ後には、疲れた身体を修復するために、タンパク質(チーズや大豆製品など)と一緒にアーモンドミルクを摂ることをおすすめします。

 牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」に位置づけられるアーモンドミルクを、上手に摂ってみてはいかがでしょうか。