<カンガルー肉ってどんな肉?(2)>

 カンガルー肉ってどんな肉?の第2回は、輸入販売しているバセルから提供を受け、実際に食している男子プロバスケットボールのBリーグ横浜ビー・コルセアーズの細谷将司(27)高島一貴(33)川村卓也(30)に話を聞きました。【聞き手・青木美帆】

-初めて「カンガルー肉」を知ったときは?

細谷 カンガルー?!って感じですね(笑)。年末ぐらいでしたかね。でも、実際(ジャーキーを)食べてみたらおいしかったので、続けていこうと思いました。

高島 僕も、正直カンガルー?! 食べられるの!?って思いました。ただ、カンガルーって確かに筋肉締まってるなーと、だからいいのかなと(笑)。

川村 食べ始めはみんなより遅く、2、3週間前から。カンガルーの肉だよ、おいしいよ、とみんなが言っていて、流されて食べるようになった。生き物の姿形を知っている分、食べにくいんですけど、体にいいから食べる。僕らの仕事は体が資本なので、感謝の気持ちを込めていただいています。

ジャーキーを口に微笑む横浜ビー・コルセアーズの川村卓也

-ジャーキーを食べた感想は?

細谷 僕と高島さんはしょっちゅう食べています。食べてみたら意外と臭みもなく、市販されているような(ビーフ)ジャーキーのようでした。堅さも味もちょうどよく、1回1袋(30グラム)食べちゃいますね。

高島 僕も1袋食べますね。低カロリーで高タンパクなので。

川村 ビーフのジャーキーよりもずっと噛んでいられて、空腹をまぎわらせてくれる。今は毎日食べています。

豪快にジャーキーにかぶりつく横浜ビー・コルセアーズの高島一貴

-食べるタイミングは?

細谷 練習前、練習後、小腹がすいたときに食べるようにしています。ちょうど、タンパク質が高い補食になるものが欲しかったんで。それまで魚肉ソーセージやおにぎりを食べていましたが、それにプラスしています。

高島 食べてから自主練をやったり、ウエートトレの後に食べて、練習に入ったりしています。

川村 やはり間食が多いかな。練習前後や夕食後におなかが空いたときに。

-ジャーキーでない肉は食べてみた?

高島 個人的にヒレ肉を取り寄せて、サラダにして食べたけれど、赤身が他の肉と違って凝縮されている感じでした。解凍して血抜きして、1日半くらいかけないと実食にたどりつかないんですが、食べると脂身が少ないのが明らかに分かり、体を作るにはいいんじゃないかなと感じました。

ジャーキーを手に笑顔を見せる横浜ビー・コルセアーズの細谷将司

-おいしかった?

高島 豚や牛の方が絶対においしいんですけど、これが筋肉になるんだ、バスケをやる上で役立つんだと思うなら、アスリートは我慢できます(笑)。

-食べた効果は出てる?

細谷 「カンガルーなので高く飛べるんじゃないかな」とみんなに言ってるんですけど、全然飛べてないよと言われます(笑)。ただ僕は信じて食べ続けようかなと。

プレゼント

関連記事