#休校になった君たちへ-。新型コロナウイルスの感染拡大により、中止や延期が相次ぐスポーツ界から、今だからできる「#コソ練」のメニューがたくさん届きました。外で思い切りスポーツができないどころか、自宅でのテレビ観戦も限られています。そんな今だからこそ、親子で取り組める練習もあるはず! 各競技のアスリートがこっそり教える練習法に、こっそりチャレンジし、実際にプレーできる日が来たら、友達の前でコソ練の成果を見せましょう!

狭い場所でもできる腕立て、腹筋を

張本智和

<張本智和 16=木下グループ・卓球男子東京五輪代表>
国際大会中は、あまりニュースは見られないのですが、出発前は気にしてニュースを見ていました。僕も(学校には)行けないので、その分、自分の時間、自分の個性を磨ける時間だと思って行動したいと思っています。ラケットや卓球台がない中での練習でいうと、プレー動画とかを見ますね。頭でイメージして、戦術を考えたりします。あとは狭いスペースでもできる、腹筋、腕立てをします。

目をつぶって片足立ち

飯塚翔太

<飯塚翔太 28=ミズノ・男子短距離>
外で遊ぶ機会、運動できる機会が少なくなる今こそ、自宅でできる走力アップを目指しましょう! オススメは片足で立つエクササイズです。左足で1分間、次に右足1分間、左右で5セットやりましょう。10分でできます。慣れてきたら、誰かに身体をツンツンと邪魔してもらいながらやってみましょう。さらに慣れてきたら、目をつぶってやってみましょう。片足でバランスを取れるようになると、足も速くなるので、ぜひ自宅でやってみてください。今このエクササイズを始めれば、学校に行くころに走りが変わるはずです!

脳トレに読書、ラジオ体操で体動かして

福士加代子

<福士加代子 37=ワコール・女子マラソン>
本を読めばいいんじゃないですかね。脳をトレーニングする意味でも。何でも興味あることをやったらいいんちゃいます? 今の時代はオンラインでもいろんなことを学べる。あと、いい休養だと思って、それでスポーツをしている人は免疫力が上がればいいですね。(体を動かすのは)ラジオ体操でもいいと思いますよ。

次のページバスケ、サッカー選手らの「コソ練」