お正月に揃える品物には、新しい年へのさまざまな願いが込められています。その代表とも言える「おせち料理」のいわれについて、改めておさらいしてみましょう。

重箱や祝い箸にも意味がある

おせち料理はもともと、神様へのお供え物とされていました。それをいただくことで神様の力を授かり、家族の健康と幸せを願います。重箱に詰められているのが一般的ですが、これにもめでたさや幸せが積み重なるようにという意味が込められています。

おせち料理をいただくときに使う「祝い箸」にも意味があります。縁起のよい末広がりの「八」寸(約24センチ)の長さになっており、両端が細くなっているのは、片方は自分が食べるため、もう片方は神様が食べるために使うとされています。

いくつ知ってる? おせち料理のいわれ

かつてはどこの家庭でも、正月三が日には火を使わず、おせち料理を食べて過ごしていました。砂糖や塩には食品を腐りにくくする効果があるため、日持ちさせるために多く使用していたのです。

各料理のいわれは以下のとおりです。

<祝い肴、口取り>
◆黒豆 まめ(健康で勤勉)に暮らせるように。
◆ちょろぎ 黒豆に添えられている赤い漬物。シソ科の植物の地下茎を食用としたもの。長老喜、千世呂木と書き、長寿を願う縁起物。
◆田作り(ごまめ) 昔は田んぼの肥料にイワシを使ったことから、豊作を祈って。
◆たたきゴボウ ゴボウは深く根を張ることから土台がしっかりするように。またその形状から、細く長く幸せであるように。たたいて身を開くことから「開運」の意味も。
◆数の子 数の子はニシンの卵。「ニ親(にしん)健在」に通じ、卵の数が多いことから子孫繁栄を願って。
◆かまぼこ めでたい色とされる紅白。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表し、半円形は日の出の象徴です。
◆昆布巻き 喜ぶの「こぶ」にかけて。
◆伊達巻き 書物の巻物を思わせる形から、知識、勉学向上の願いをこめて。
◆栗きんとん 栗は「勝ち栗」と呼ばれる縁起物。きんとんは漢字で「金団」と書き、財宝を意味する。
◆お多福豆 福が多く訪れることを願って。

<酢の物、焼き物>
◆レンコン 穴があいていることから、将来の見通しが開けるように。
◆エビ 加熱すると背が丸くなるところから、腰が曲がるまで元気に過ごせるようにと願って。
◆ブリ 成長とともに呼び名が変わる出世魚であることから、立身出世を祈願して。
◆鯛 めでたいの語呂合わせで、祝い事には欠かせない魚。

<煮物>
◆サトイモ 親芋の根元から小芋が出て育つので、子孫繁栄の意味を込めて。
◆クワイ 大きな芽が出るところから出世祈願、たくさんの小球がつくことから子孫繁栄を願って。
◆梅花ニンジン ニンジンの赤色は寿を表す。梅は花が咲くと必ず実を結ぶことから、梅花の形に切る。

ひとつひとつの料理の意味や願いがわかると、すべて欠かさず食べてみようと意識も変わります。おせち料理を囲みながら家族で話してみてはいかがでしょう。【アスレシピ編集部】