新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が25日に全面解除された。再び変化する生活への対応には「食」の安定が重要。競泳瀬戸大也、フィギュアスケート羽生結弦らアスリートの栄養面を支える「味の素ビクトリープロジェクト(VP)」の栗原秀文シニアディレクター(SD=44)と管理栄養士の鈴木晴香さん(30)に、新たな生活様式を乗り越えるための「勝ち飯」を聞いた。

競泳の瀬戸大也(左)とフィギュアスケートの羽生結弦

長引いた在宅生活で「おうち太り」…。そんな悩みを抱える人たちが緊急事態宣言の全面解除を迎えるに当たり、栄養指導のプロ集団を直撃した。味の素VPの栗原SDは即答する。「アスリート向けのメニューは、胃腸へのダメージを抑えるため脂質を抑えています。量さえ調節すれば、より良い栄養素を効率良く取れます」と活用を勧めた。

管理栄養士の鈴木さんも2つのポイントを挙げる。

❶低脂質、高タンパク 「(解除後も、もう少し継続されそうな)休校やテレワークなど在宅中は消費エネルギーが減るので、摂取エネルギーも減らしてください。特に『脂質』。豚肉ならバラよりモモ、鶏肉ならササミなど脂身の少ない部位を選んでもらえれば。鶏モモも皮を取り除いて調理したり」。

❷ビタミンACE 「免疫力向上に大切な栄養素はビタミンA、C、E(ACE=エース)の摂取です。ニンジン、ホウレン草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれています」。

この条件を満たすものは?

2人は「汁物」と声をそろえる。

「副菜を1つ追加するのは大変ですが、具だくさんの汁物なら肉や魚(タンパク質)もビタミンACEも手軽に。油も使いません。選手に提供する際は必ず汁物、特に鍋を用意しています」と鈴木さん。栗原SDも「冷蔵庫に残った野菜をフル活用してもらえれば。お子さんと一緒に作れるので、選手はコミュニケーションも楽しんでいるようです」と紹介した。

競泳の瀬戸大也(中央)優佳(左)夫妻にアドバイスする味の素ビクトリープロジェクト(VP)の栗原秀文SD(味の素VP提供)

同社の「鍋キューブ」を使った「カラダコンディショニング野菜だし鍋(カラコン鍋)」は、試合1週間前から練習量を落とす瀬戸も、高難度ジャンプを跳ぶため体重を増やせない羽生も大好物。今の自粛生活に応用できる。「特に低脂質を意識する時期こそ汁物、鍋を勧めます」(鈴木さん)。野菜が苦手な人にも最適だ。「野菜をがっつり取るのって結構しんどい」と苦労していた羽生や「野菜を初めて食べたのは16歳」というバスケットボール富樫勇樹もVPのサポートを受けて改善。栗原SDが「汁物、鍋は彼らがビタミン類を摂取する上で大事なツール」と明かすように今や欠かせない「勝ち飯」だ。

再び変わる生活にも対応できる。14日に39県で緊急事態宣言が解除され、25日には残る首都圏なども全面解除された。また通勤、通学が始まる-。生活は慌ただしくなるが、まだ遅くない。鈴木さんの「朝食が最も大事。食べることで体温が上がり、体の活動スイッチが入ってエネルギー消費量が増えます」という言葉を信じよう。リズムが乱れて朝昼兼用になっていた人も、今から朝に汁物を。夏場にも向けても、栗原SDは「胃や腸も筋肉。運動前のウオーミングアップと同じで温めて動かしてあげることが大事」と指南した。

味の素VPのサポートを受けて質の高い食事を楽しむ競泳の瀬戸大也(左)優佳夫妻(味の素VP提供)

オンライン会議システムを活用した「Zoom飲み」だけでなく、夜の会食も増えてくる今後。「体にとってはマイナス面もある」が「日常の食生活を整えておけば『心の栄養』として週1、2回あっても大崩れしません。お酒でもケーキでもステーキでも、心のバランスを整えるためなら、たまにはOKです」と我慢し過ぎない姿勢も求め、満面の笑みで親指を立てた。

あとは量を調整するだけだ。指針は体重。鈴木さんは「選手には細かい数値を出してレシピを提案しますが、気分や体調に応じて変わりますし、あくまで推定値、計算値です。最終的には体重。例えば瀬戸選手は練習状況や体重の増減を見ながら、奥様(元飛び込み選手の優佳さん)がアレンジしています」と柔軟性を持たせたサポートをする。

記念撮影する卓球の伊藤美誠(中央)と味の素VPの栗原SD(左)、鈴木晴香管理栄養士(味の素VP提供)

卓球の伊藤美誠も「おいしくて、おなかいっぱいになるのに太らない」と話す「勝ち飯」は理想的。栗原SDは「おなかいっぱいと言っても、彼女の練習量は相当ハード。頭も体もフルで動かしている」とフォローしたが、ボリュームさえ気をつければ「おうち太り」解消には有効だ。特別レシピを食べて、新型コロナ禍の新たな生活変化を乗り越えよう。【木下淳】

(2020年5月26日、ニッカンスポーツ・コム掲載)