巨人大竹寛投手が、ラーメン店の紹介を望んだ戸郷翔征に「ラーメンの食べ方」を伝授した。先日、体重増をテーマに挙げる戸郷が、ラーメンなどでの増量計画を告白。悩みは店選びで「おいしいラーメンを紹介してもらえれば」と弟子入りを志願された。「僕が話せるのは、お店より食べ方です」と3つのポイントを挙げた。

巨人大竹がオススメする広東麺(本人提供)

(1)トッピングは多め
大竹 麺は炭水化物なのでそれだけだと偏る。チャーシューやネギ、卵とかいろんなものをトッピングして、バランスを取る。
(2)スープは全部飲むな
大竹 おいしいから、ついつい飲んじゃうけど、ほどほどに。昔、原監督にも言われましたし、そこは気をつけてます。
(3)いち押しは広東麺
大竹 最近、広東麺にはまってます。野菜がいっぱい入っているので自然と野菜もとれますし、とろみがおいしいです。

13年オフのFA交渉時に、巨人の球団代表からラーメンの本を贈られるほどのラーメン好き。若い頃は「がっつり食べても大丈夫ですけどね」と話したが、助言の中で強調したのは栄養バランスだった。

この日は、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行った。プレミア12で世界一に貢献した右腕は「11月中旬まで投げていたので、体の状態を見ながら」とコメント。昼食はお気に入りの広東麺で、エネルギーをチャージした。【久保賢吾】

◆野球人とラーメン
★DeNA田代1軍チーフ打撃コーチ 好きが高じ、引退後、神奈川県内に「田代ラーメン」をオープン。コーチ就任に伴い閉店したが、レシピは門外不出を貫いている。
★実家がラーメン店 楽天弓削、西武小関1軍外野守備走塁コーチ。ともに激戦区の栃木・佐野市で人気を博す。身長193センチの弓削は「小さいころから家でいっぱいラーメンを食べていたおかげで、背が伸びたのかもしれませんね」。ソフトバンク王球団会長の実家が「中華料理 五十番」だった話は有名。
★助っ人勢 麺類は試合前後の選手サロンで提供されることも多く、ラーメンも定番。日本の生活になじみ、徐々にはまっていくパターン。「一蘭」「一風堂」など豚骨ラーメンは特に人気。代表格はソフトバンク入りが決まったバレンティン、引退した阪神メッセンジャー。

(2019年12月22日、ニッカンスポーツ・コム掲載)