アスレシピは7月30日、今年度2回目の「アスリートの食事・実践編 第1回」をオンラインで開催しました。ミーティングツールZoom(ズーム)を使用し、当サイトでコラムを執筆する管理栄養士の石村智子さんが講師を務めました。スポーツに励むお子さんを持つ母親、栄養指導者の方々が参加しました。

参加者にアドバイスを送る石村さん

今回のセミナー内容は3回シリーズの第1弾。7月4日に開催したものと同じく、ジュニアアスリートの食事の基本のおさらい、小・中・高それぞれの成長過程での食事のポイント、体組成モニタリングの必要性などを講義しました。

グループワークでは試合前日の夕食と、試合当日の朝食の献立を作成。普段の家庭内での工夫やアイデアが盛り込まれたメニューを各グループが発表し、石村さんからそれぞれのメニューについて講評を行いました。試合前に役立つアレンジ法やパフォーマンスに影響を及ぼす食材の助言に、参加者の方々はメモを走らせていました。

グループワークで作った献立を発表する参加者

石村さんは「食事は、試合の前日だけしっかり食べてもダメ。基本の食事の形を大切に、必ず3食を食べることを続けていきましょう。朝食を食べられないというお子さんには、夜ご飯が遅かったとか必ず原因がある。そういったことをしっかり考えていきましょう」と継続することの重要性を呼び掛けていました。

アスレシピでは今後「アスリートの食事・実践編」のステップアップ版である「実践編第2回」「実践編第3回」を実施予定です。実践編第2回は10月、実践編第3回は2021年2月に、それぞれ2日間の日程で開催する予定です。第1回と併せて、全3回の受講者にはアスレシピから「修了証」を進呈いたします。

最後に参加者全員でアスレシピポーズ!

「1から学びたい!」という方には、実践編の前のステップである「アスリートの食事・基本編」を9月12日(土)の午後8時からオンラインで開催します。5月に開催したものと同内容のもので、アスリートの基本の食事を学ぶとともにウイルスへの心配が続く中、どのように体調を管理すべきかなど直面している課題についても取り上げます。初の週末夜間帯での開催になりますので、夕食後のひと時にお子さんと是非ご一緒に聴講ください。

スポーツに励むお子さんの食事をより良くしたい方、スポーツ栄養について学びたい方、一緒に知識を深めていきましょう