アスレシピは6日、「部活弁当」をテーマにしたスポーツ栄養講座を東京・恵比寿のクックパッド本社で開催した。新学年を間近に控え、4月からお弁当デビューする方やあらためて子どものお弁当の内容について確認したい方など、お弁当に悩むジュニアアスリートの保護者らが参加した。

講師の山口さん(前列左から4人目)と参加者の皆さん

講師は、アスレシピと日刊スポーツ紙面で展開した「部活弁当」を担当する管理栄養士・山口美佐さん。今年度の特集企画「部活弁当」のまとめの意味を持つリアルイベントでもあり、これまでの掲載紙面の展示や、実際にご飯とおかずを詰めたお弁当を見せるデモンストレーションなども行った。

講師を務めた管理栄養士の山口美佐さん

日刊スポーツ新聞の「部活弁当」紙面を展示

弁当箱に詰めたご飯を見せる講師の山口さん(中央)

参加者には、子どもの年齢、競技、練習時間、身長、体重などからお弁当の必要エネルギー量やおかずの配分を割り出した個別シートを提供。その数値からお弁当箱の大きさを導き出せるとあり、好評だった。

お弁当の衛生に関する質問が続々

特別協賛のサーモス株式会社からは、様々な弁当箱やスープジャーが紹介された。スープジャーはパーツを細かく分解して洗浄できる点や、パーツの販売、交換時期の目安などが詳しく解説され、メモを取る姿も。夏に向けて、衛生面についての質問も次々と出され、長年の疑問が解消されたという声が寄せられた。

商品について説明するサーモス株式会社の簑島久男さん

紹介された商品はすべて展示され、実際手に取りながら我が子に合った弁当箱を探す姿が見られた。

サーモスの商品を実際に手にとって確認する参加者

お楽しみ抽選会では、今セミナーでも使われたサーモスの1800mlフレッシュランチボックスと真空断熱スープジャー、真空断熱タンブラーが各2人にプレゼントされた。

抽選に当たり、プレゼントを受け取る参加者(右)

アスレシピでは、今後もさまざまなテーマでセミナーを開催していく。

本日の協賛品。写真左上から時計回りに、井村屋「スポーツようかん」、にんべん「江戸日本橋かつぶしめし削り」、マルサンアイ「タニタカフェ®監修 オーガニック調製豆乳」

<特別協賛>サーモス株式会社
<協賛>株式会社にんべん、井村屋株式会社、マルサンアイ株式会社
<協力>クックパッド株式会社