日本栄養士会は8月4日を「栄養の日」に定め、8月1日~7日を「栄養週間」とし、全国各地でさまざまなイベントを展開する。

 「栄養の日」の制定は2016年。栄養改善法公布(7月31日)、公益社団法人日本栄養士会の設立日(1日)、健康増進法公布(2日)といった栄養関連の記念日がこの時期にあることと、8(エイト)と4(よん)の語呂合わせから。昨年から「栄養の日・栄養週間」に各種イベントを展開し、イベントを通じて栄養課題の解決を目指すため、PR活動を行っている。

 「栄養ワンダー2018」はすでに今月2日にスタート。8月31日まで、管理栄養士・栄養士が勤務する医療施設や学校、食堂などで料理教室や栄養講座などを全国約1200カ所で開催する。子どもから高齢者まで楽しめるイベントが盛りだくさんで、調理実習体験ができる親子参加セミナーやスポーツ関係者らを対象とした栄養摂取のセミナーなども予定されている。

日本栄養士会の迫和子専務理事

 日本栄養士会の迫和子専務理事は「今年も管理栄養士・栄養士がさまざまな活動を行います。多くの方に参加していただき、栄養に親しんでもらえれば」と話している。

 イベント詳細はコチラ https://www.nutas.jp/84/