新生活も、心配ないさぁ~! 楽天ドラフト1位の早川隆久投手(22=早大)が6日、「ライオン・キング」のタオルグッズを持参し、仙台市内の犬鷲寮に入寮した。新人王筆頭候補の最速155キロ左腕はスワヒリ語で「どうにかなるさ」を意味する「ハクナマタタ」を胸に新人王を目指す。

入寮した楽天早川は持参したライオンキングのグッズタオルを披露(球団提供)

ハクーナマタータ♪ 熱帯のジャングルとはかけ離れた、最高気温2度の仙台。雪道をかき分けた先の新居で“心配ないさぁ~!”と叫びたいところだが「仙台のレベルにまだ適応していないかなと…」。寒さに苦笑いを隠せなかった。

“これがモットーさ!”と誇れる言葉が新生活を支える。昨年9月。東京6大学秋季リーグ開幕前に家族から白地のタオルを渡された。駆けるシンバ、ティモン、プンバァの下に「HAKUNA MATATA」。「大切にしたい言葉。家族の中でもこういう精神でいこうね、と話します」。試合時は必ずベンチに持ち込んだ。両親、姉2人が書いた「最後は笑うよ!」との言葉も励みにリーグ戦を制した。

入寮した楽天早川はベッドに横たわって笑顔(球団提供)

ライオンキングを初めて見たのは3歳。劇団四季で舞台版も鑑賞した。「あまちゃんのように育てられたところもある。自分はシンバに重なるのかな」。王の息子に生まれた主人公は、気ままな子ども時代を経て苦難を乗り越え、王を継いだ。自身も高校から寮生活。強者にもまれ、たくましくなった。

シンバが「ハクナマタタ」を教わったティモンのように、早川も苦楽をともにする相棒を携えた。大学時代から愛用する東京西川の「AiRマットレス」とオーダー枕。「田中将大さんも愛用している。体のケアは一番気をつけないといけない」。“早く王様になりたい!”と意識は高い。

入寮した楽天早川は持参したマットを見せる(球団提供)

10日から新人合同自主トレが始まる。「ドラフト1位でもプロに入ったら横一線。楽天のエース、国を背負えるようなピッチャーになれれば」。ハクーナマタータ♪ “ルーキーキング”へ、何でもこれで解決だ!【桑原幹久】

(2021年1月7日、ニッカンスポーツ・コム掲載)