皆さんがこれからもケガをせず、思い切りプレーができますように、ケガをしている方は1日でも早く復帰できますように…と願って、海外でも人気の海の幸「SASHIMI」をふんだんに使った夏の元気ご飯「海のハッピー丼」を作りました。

EPAやDHAたっぷりの夏の元気ご飯「海のハッピー丼」

集中力やスタミナアップにも

 EPAやDHAといった言葉を聞いたことがありますか? サケ、マグロ、ブリ、サバ、イワシなどに豊富に含まれていて、代謝を高め、ケガからの回復スピードをアップさせてくれるうれしい成分です。酸素運搬もスムーズになり、集中力アップやスタミナアップにも役立ちますし、体脂肪ダウンにも効果的です。

 EPAは炎症を和らげる働きがあるので、激しい運動後のアスリートの体をしっかりケアしてくれます。

 DHAは脳の働きをスムーズにし、ポジティブな気持ちを高めるホルモンの分泌を増やしてストレスホルモンを減らす働きがあるので、メンタルコントロールに最適です。

 「海のハッピー丼」に加えたタコやイカ、ホタテ、カニ、マグロなどからはEPAやDHAのほか、疲労回復に効くタウリンも摂取できます。これらの海の幸を使えば、おなじみのマグロ漬け丼やシラス丼、カツオやアジのたたきなど違うメニューにしても、同じような栄養効果が期待できますよ。

自然の恵みから栄養素丸ごと

 今回のレシピでは、自然のままの食材である刺身と魚介類を使いましたが、フレッシュな生野菜サラダや生のフルーツなども、食材が持つ栄養素を丸ごと摂れるので、毎日の心身ケアにも役立ちます。大自然の栄養パワーも味方につけて、勝利への道をつないでいってくださいね。

 VICTORY!

元NFLチアリーダー・松崎美奈子