皆さんは、どんなリカバリーメニューをとりますか?

 今回は疲れていて食欲がない時でも、必要な栄養素がしっかり補え、さっと食べられるスペシャルメニューを考えました。アメリカ南部の港町ニューオーリンズならではのシーフードを使ったパワーフード「ジャンバラヤ」です。

食欲がない時のリカバリーに最適「ジャンバラヤ」

アスタキサンチンで疲労回復

 ご飯から炭水化物を摂ってエネルギーチャージし、鶏肉、エビ、ソーセージからタンパク質を摂取して筋肉疲労の回復。エビからミネラルを、赤パプリカ、ピーマン、タマネギ、ネギ、トマトソースからビタミンを摂ってコンディション調整できるようにしました。

 特にエビは、高タンパク質でありながら低脂肪でミネラルも多く、まさにアスリート向きの食材です。パワフルな抗酸化成分のアスタキサンチンが豊富に含まれ、疲労回復や身体作りに効果的です。

 アスタキサンチンは赤色の色素成分で、カニやサケのほか、エビの殻に多く含まれています。殻ごと食べても良いですし、殻をはがして一緒に炒めたり、炊飯器で炊くと、海のシーフードエキス(だし)が出て、よりおいしくなりますよ。

具だくさんで栄養バランスキープ

 疲れてあまり多く食べられない時は、「ジャンバラヤ」のようなチャーハンや麺類がおすすめ。肉や卵、シーフードといったタンパク質源と、色の濃い緑黄色野菜を多めに入れて栄養バランスを整えるだけでも、回復のための良い循環が生まれます。

 皆さんならではの“食欲アップフード”で元気いっぱいにパフォーマンスを続けてくださいね!

 GO FOR IT!

元NFLチアリーダー・松崎美奈子