我が家の定番「スポーツ弁当」「部活弁当」に、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

 栄養たっぷり、アイデア満載のお弁当写真とともに、心温まるエピソードなどをたくさんお寄せいただきました。栄養面だけでなく、量や彩り、また持ち運ぶことにも配慮された、愛情たっぷりの「スポーツ弁当」「部活弁当」を、3回にわたって紹介していきます。みなさんも参考にしてみてはいかがでしょうか。

滋賀県・KOHさん

<編集部から>高1で寮暮らし。頑張ってる娘さんの元気の素は、お母さんの味ですね。

 この4月から親元離れて寮生活を始めた高校1年生の娘が、休養日で久しぶりに帰ってくるなり、「お弁当が食べたい」といい、せっせと作りました。旬の食材をバランスよく、食べ慣れた味付けに。またサッカーの練習を頑張って欲しいから、寮でチンして食べられるよう、小分けした保存容器にも作って持たせました。

鹿児島県・高倉静香さん

<編集部から>「弁当ありがとう」が毎日言えるなんて、素直で立派な息子さんですね。

 ハンドボール選手としては背丈が小さめな分、“小さな巨人”パワーを発揮できるよう、筋肉がつくための部活弁当です。色彩豊かなたっぷりの野菜と、ボリュームのある肉類を常に1品入れるようにしています。「弁当ありがとう」「ごちそうさま」と必ず言ってくれる息子の言葉で毎日の弁当作りが楽しくなります。

京都市・渕田美恵さん

<編集部から>次男さんが高校生のときに作っていたお弁当でしょうか。大学でも陸上頑張って欲しいですね。

 陸上競技をしている次男のために作った、お昼のお弁当と、朝練後の補食「ひじき入りのおいなりさん」。鉄分補給のために、必ずゴマをどこかにふりかけるようにしています。4月から大学寮に入って頑張っています。

千葉県・sunさん

<編集部から>これからの季節、レモンでの腐敗防止は効果ありそうですね。

 春から高校生になり、野球部に所属する息子のお弁当です。身体づくりのために、鶏肉を中心に旬の野菜を必ずいれるように気を付けています。レモンは彩り&傷み防止のために入れています。

横浜市・田坂由紀さん

<編集部から>棒おにぎりは食べやすそうで、ちょっとの合間に栄養補給できますね。

 高校バスケ部男子のお弁当。朝練の後や、休み時間に手軽に食べられる棒おにぎり。100円の型を使って1つあたり白飯100グラム。肉巻き、スパム、ちりめんじゃこ、高菜、梅干しなど具はさまざま。これにプラスして簡単なおかずと果物を持たせます。白飯と一緒にタンパク質やビタミン、カルシウムが手軽に補給できます。

東京都・辻村ともこさん

<編集部から>毎日のお弁当作り。気持ちもマンネリになりがちですが、「息子よ、頑張れ」と祈る気持ち、大切ですね。

 14歳になる息子は、サッカーに夢中。強い体と精神力を身に付けてもらいたいので、卵やチャーシューでタンパク質を、梅干しでミネラルを補うバランスを意識した日の丸弁当です。卵豆腐を入れてふわふわに仕上げた「卵焼き」は大好評です。「息子よ、頑張れ」と祈る気持ちで作っています。

*我が家の「夏バテ防止・対策メニュー」募集中 *

アスレシピでは、夏を元気に乗りきる我が家の「夏バテ防止・対策メニュー」を募集します。応募の締切は6月19日(月)正午。たくさんの応募をお待ちしております。
[●応募、詳細はコチラから](https://athleterecipe.com/news/articles/1832092)