ママ特派員の稲葉祐紀子さん(神奈川県藤沢市)による、この季節にぴったりな補食の紹介です。
========

 毎日どんどん寒くなり、風邪をひきやすいこの季節。サッカー小僧の小学2年生の我が子は、どんなに寒くても元気よく練習に出掛けていきます。その姿は頼もしくもありますが、やはり母としては「風邪をひいてしまわないか」が気になるところです。

 そんな子どもたちのために考えついたのが、これ。

補食や差し入れにおすすめのカボチャまんじゅう

 休日は早朝から夕方までサッカー漬けになる息子には、昼ごはんの他に、補食も持たせています。そんな補食として、旬のカボチャを使い、栄養のたくさん詰まった「カボチャまんじゅう」を差し入れしてみました。

 カボチャは糖質やビタミン、βカロテンが豊富。栄養素の力を借りて、風邪に負けない体作りをサポートしたいという願いを込めています。冷めても固くならず、安価な材料で一度にたくさん作れるので、チームへの差し入れにもおすすめです。

<カボチャまんじゅう>
調理時間30分+生地を休ませる時間
材料(直径5㎝のミニサイズ約20個分)
カボチャ…1/4個
ホットケーキミックス…200g
スキムミルク…大さじ2
牛乳…適宜
ハチミツ、三温糖(砂糖)…お好みで

作り方
①カボチャの皮をむき、種を取ってレンジで温める(600Wで約5分)。
②マッシャーで潰してペースト状にする。
③②の1/4の量に、ホットケーキミックスとスキムミルクを加える。
 ※固さを見ながら牛乳を少量ずつ加え調整する。
④こねて、ひとまとまりにし、30分休ませる。
⑤残りのカボチャペーストに好みでハチミツや三温糖を加えて、カボチャあんを作る。
⑥生地を切り分ける。

均等に切り分けます
⑦④を切り分けて、手で平たく伸ばしたら、⑤を包んで閉じる。
丸めたカボチャあんを伸ばした生地で包みます
⑧閉じた方を下にして蒸し器で10分程度蒸す。
閉じ口を下にして間隔をあけて並べます

 今回は、皮にも少しカボチャを練り込んで、食欲がわきやすい黄色のおまんじゅうにしました。生地はホットケーキミックスを使うのでとっても簡単。糖質の他にタンパク質も摂れるようにスキムミルクも加えました。

 差し入れする際はクッキングシートで包み、通気生のよい容器に入れればベタつかず、子どもたちも食べやすくなります。

 お子さまの練習や試合の日に、差し入れしてみてはいかがですか?

稲葉祐紀子(神奈川県藤沢市在住)

教員。
食事を通して、心身ともに家族の健康維持をサポートしたいと願うママ。子供たちが取り組む競技は、中学2年生の女子は剣道、ライフセービング、小学2年生の男子はサッカー、ライフセービング。