最善の備えで来る開幕を待つ-。新型コロナウイルスの感染拡大で、メジャーは3月中旬にオープン戦とキャンプを中止し、開幕戦の延期が決まった。現時点で開幕時期は不透明。

カリフォルニア州などでは外出禁止令が出されている中、レッズ秋山翔吾外野手(31)が、自主トレ先のロサンゼルスで電話取材に応じた。メジャー1年目でいきなり直面した難局。困難との向き合い方を明かした。【取材・構成=斎藤庸裕】

毎晩のように包丁握る

秋山、元気です-。米アリゾナ州のキャンプ地からカリフォルニア州ロサンゼルスへ拠点を移して約2週間。飲食店は閉店し、不要な外出もできない。そんな中、秋山は自炊を始めた。

「みそ汁を作ってます。(自炊は)ほぼ初めて。隠し味を入れるほど、まだ基本が出来てないです」

滞在先のカリフォルニアのスーパーマーケットで買い物するレッズ秋山(本人提供)

週に1~2度、滞在先の近くのスーパーへ買い出しに行く。毎晩のように包丁を手に豆腐、ネギ、油揚げなどの具を切り、みそと混ぜて味を調える。定番は白米、肉、サラダ、みそ汁の「ザ・男メシ」だ。同居している通訳兼球団広報のルーク篠田氏と毎日、自炊で食事を済ませている。

「肉に火を通すのはルークの役目。自分はみそ汁担当ですね。今のところは、練習して、ゆっくりして、ご飯を作って、みたいな生活がはまっている」

次のページ開幕へ向け、トレーニングも継続