25歳の青年の素顔がかいま見えた!? エンゼルス大谷翔平投手(25)が、リハビリの現状や私生活を語った。打者専念となったメジャー2年目は打率2割8分6厘、18本塁打、62打点。9月13日に左膝の手術を行い、今季を終えた。インタビュー前編では、好不調の波が目立ったシーズンを振り返りながら、得意のオムレツ作りのこだわりや、気になる結婚観も“告白”した。【取材、構成=斎藤庸裕】

エンゼルスタジアムのインタビューで、バットを手に笑顔を見せる大谷

2015年11月19日。大谷は第1回プレミア12準決勝、韓国戦のマウンドに侍ジャパンのエースとして立っていた。あれから4年。メジャーリーガーとなり、今大会中は、米国で必死にリハビリに励んでいる。国際大会が野球人気の拡大を担う中、異国で戦う二刀流の侍の胸にも、秘めた決意があった。

「野球は伝統もあるし、歴史もある。そこを生かした見せ方もあるんじゃないかなと。そこに新しい要素が加わっていけば、また面白い魅力がどんどん出てくると思う。そういう意味でいうと、僕も特別なことはしているので、その1つの要因になれたらと思っています」

自身を「特別なこと」をしていると評する覚悟。その使命を果たすためにも、まず今は来季二刀流での完全復活を目指す。9月に受けた左膝の手術も順調に回復。キャッチボールの距離も徐々に伸ばしている。

「膝は可動域もマックスになりましたし、順調ですね。屈曲を最大にした時にちょっと違和感があるくらいで、痛みはほぼないです。打撃練習もやろうと思えばできるけど、今はそんなにやる必要がないので、投げるのに集中しています」

エンゼルスタジアムでインタビュー後、バットを持ってポーズをとる大谷

明るい表情と笑顔が順調な証しだ。復活へ歩を進める一方、プロ初の“一刀流”で臨んだ今シーズンは試行錯誤の連続だった。

「良かったなと思えるよりも、悪かったなというところが多かった。だから一番、悔しいシーズンと感じたのかなと。期待されているよりも、求められている仕事をシーズン通して、できなかった」

今季は出場106試合中、88試合で3番DH。6月に日本人メジャー初のサイクル安打を達成したが、好不調の波が際立った。

「僕としては終始(打撃を)いじらない方が打てるという時期があまりなかった。そこも実力なんですけど、あんまり良くなかったという感じです」

1年目に比べ、三振率は改善もゴロが増え、長打率が下がった。7月中旬まで踏ん張ったチームも失速し、5年連続でプレーオフ進出を逃した。主軸として責任を負ったが、反省ばかりではなく収穫もあった。

「(投打)2つやる年と比べて、これが良かった、悪かったというのが多かった。やっぱりバッターとしていろいろ試したり、やってみたりとかあったので。やりすぎたっていうのもありましたけど、基本的に失敗に余計なものはない」

失敗を重ねながら課題が明確になり、打者として成長を促してくれた2年目。悪い慣れもあったという。

「調子が悪い、打てない時期に対しても慣れちゃうし、それは2つやっていた時はなかった。ピッチャーを挟むと、次にバッターで出る時に何を直せばいいかが分かったりするんですけど、(打者で)出続けると余計なことをしたりというのが多くなってしまう。ちょっとずつそれに慣れてきちゃうのがあった。それ(打者だけ)が普通になればいいんでしょうけど、僕の場合はアブノーマルだったので。ちょっと違和感はあったかなと思います」

次のページメジャー挑戦から始めた自炊、腕前は?