もうすぐ「春分の日」。温かくなり過ごしやすくなりますが、紫外線も、この時期から5月にかけてグンと強くなります。紫外線を浴びると、活性酸素が生じ、疲労やシミなどの原因になります。屋外競技の選手はもちろん、応援に出向くお母様も、食事にワンポイントを加えて、紫外線対策を心がけましょう。

★関連コラム★
▼紫外線による疲労は水分、マグネシウム、ビタミンCで克服

▼紫外線ダメージに抗酸化ビタミン、アンチエイジング効果も

★おすすめレシピ★
▼豚とカラフル野菜のソテー

紫外線のダメージに効果のあるビタミンCやβカロテンを多く含むニンジンとパプリカの組み合わせです

▼美チカラパスタ

レモンに含まれるビタミンCは、肌の紫外線ダメージの素になるメラニンの生成を抑え、体のサビや酸化を減らしてくれる役割があります

▼サーモンメキシカン丼

サケに含まれるアスタキサンチンは抗酸化力が極めて高い栄養成分。毎日は無理でも、できるだけ頻繁に摂取することが理想です

▼カボチャとパプリカのトマトスープ

「活性酸素撃退」レシピです。トマトは抗酸化作用のあるβカロテンが豊富です

▼ブルーベリーのブラマンジェ風

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、植物が紫外線から実を守るために生成されるもので、強い抗酸化力があり、活性酸素を除去する働きがあります