伝統の味。大相撲界でもちゃんこ鍋で定評のあるのが、本紙評論家の高砂親方(元大関朝潮)が率いる高砂部屋。初場所で部屋創設140年目にして「関取輩出」が途切れたが、春場所では朝乃山(22)が新十両昇進を果たした。「昇進祝い」に今回は出身地富山県から名物ベニズワイガニ、ウマヅラハギの高級食材などの差し入れを合わせて「特製ちゃんこ鍋」を作ってもらった。

富山県のベニズワイガニや野菜がたっぷり入った高砂部屋特製ちゃんこ

伝統の「ソップ炊き」

 稽古場のすぐ横に、調理場がある。のぞき窓から稽古の様子もうかがえる。調理場に立つのは、182キロの巨漢ちゃんこ長の大子錦。「狭くてすいません」といいながら、体に似合わない? 小さめの包丁を握る。「普通は大きな出刃包丁とか使うんでしょうが、軽くて一番使いやすい」という。

富山県産の食材を中心に調理する高砂部屋ちゃんこ長の大子錦

 この日のちゃんこ鍋は、伝統の味と富山の味のミックス。まず高砂部屋の「伝統の味」を紹介しておこう。「ソップ炊き」という鍋で、鶏がらだしを取って酒や砂糖、醤油などで味を調整する。鶏は二本足で立っていることから「手をついて倒れない」という縁起を担いだものだ。高砂親方は「うちは、今も場所の初日には必ずソップのちゃんこ鍋にしている」という伝統を守っている。

 角界では「高砂部屋はあんこ型(太ったまるい体形)が多い」と言われるが、ちゃんこがおいしくてよく食べるからだとも。親方も入門時135キロから最高は185キロまで増えたという。

 その味に富山の味を重ねる。大子錦は「昆布もだしに使うので、昨晩から水につけてだしを取っておきました」といい、ソップと昆布だしを合わせて大鍋に仕込んだ。塩、醤油、みりんで調整して「どうです?」と味見に差し出されたが、これは絶妙だ。実は富山県は昆布の消費量が全国一だという。

ベニズワイガニ、ウマヅラハギ

 富山県からの差し入れは、ベニズワイガニ12杯、ウマヅラハギ10匹。ベニズワイガニは適当な大きさに切り、ウマヅラハギは頭と内臓を取って骨ごとぶつ切り。「味が出るし骨は食べちゃえばいいんです」と大子錦は笑う。また、富山県では厳冬期の気候を利用し、「低温下でゆっくり育てる」、「寒気にさらす」、「一定期間貯蔵する」ことで甘さが増す野菜を「とやまカン(寒)カン(甘)野菜」として、新たな名物にしており、今回はキャベツ、ネギ、ニンジンが届けられた。

 「高砂伝統の切り方があるんです」と、ちゃんこ長歴15年の大子錦はキャベツ1玉を十字に切って4つに分けてぶつ切りにしていくのだが、切られたキャベツ片が三角形をしている。「味もそうなんですけど、具の形が違うと、先輩たちから怒られるんです」。高砂部屋伝統のちゃんこ鍋は、こうした先輩たちの目や舌から継承されてきた。若者頭の伊予桜さんも「味にうるさい先輩がいて、味が研ぎ澄まされておいしくなる」と話してくれた。

キャベツ片は三角形

 通常入れる他の野菜や揚げ、肉団子など具材を先ほどのソップと昆布のだしを合わせたスープに投入。煮立ったところでウマヅラハギ、ベニズワイガニを入れて、約20人分のちゃんこ鍋が完成した。ベニズワイガニはなくなったら足し、残ったものはゆでて食卓へ。ポテトサラダ、卵焼き、カキフライ、レバニラ炒めなどのおかずも手際よく調理され、この日のちゃんこになった。

 関取消滅から1場所で立て直した親方。「みんなでまた新たな歴史をつくっていこうということですよ。ちゃんこ鍋は伝統を守っていく。それでいいんじゃないの」と笑った。

石橋改め朝乃山、好物は「母さんが作る卵焼き」

 高砂部屋の新たな歴史づくりのけん引を期待されているのが、春場所新十両に昇進した石橋改め朝乃山。親方と同じ近大から高砂部屋に入門し、昨年春場所三段目付け出しで初土俵を踏み、1年で関取に昇進した。

ベイズワイガニのはく製と富山県のマスコット「きときと君」を手にする朝乃山(中央)ら高砂部屋の力士

 昨年九州場所で朝赤龍の幕下陥落が決まり、今年初場所では部屋創設の1878年(明11)以来140年目で関取がいなくなった。それを1場所で解消したのが朝乃山。富山県出身の関取では97年に元関脇琴ケ梅が引退後、20年ぶりの関取となった。

 近大入学まで富山県で育った朝乃山は「子供のころからブリを食べていて、おいしかった」という。好物は「母さんが作る卵焼き」と笑った。また行きつけの食堂もあったそう。入門後は「食が細いといわれるのでもっと食べないと。好き嫌いはありません」という。

 新十両の春場所に向け「15日間相撲が取れるので楽しみです。いろんな人と対戦して、通用するか、一番一番取り切りたい。勝ち越しを目指して星を伸ばしたい」と意気込んでいる。

入浴後に取材に応じる高砂親方

高砂部屋

 1878年(明11)に創設。代々、師匠は「高砂浦五郎」を名乗り、現親方で7代目。これまで横綱、大関を多数輩出している高砂一門の総帥。現親方が89年春場所で引退し若松部屋として独立。02年2月に6代目高砂親方の定年に伴って、若松、高砂両部屋が合併する形で、高砂部屋となった。現在、師匠高砂親方ほか、若松親方が部屋付き、力士17人、行司2人、呼び出し2人、床山1人、若者頭伊予桜が所属している。

富山県の食メモ

 富山県の食 北は富山湾に面し、南には飛騨山脈、立山連峰と自然豊かで山海の食に恵まれている。海産物ではホタルイカやシロエビ、ベニズワイガニ、寒ブリなど全国的にも有名。農産物では厳冬期の気候を利用し、「カン(寒)カン(甘)野菜」と名付けて14種の野菜をブランド化している。郷土料理では富山名物の「ます寿し」や氷見のうどん、B級グルメで人気のラーメン「富山ブラック」などがある。

(2017年2月28日付日刊スポーツ紙面掲載)